バイアグラジェネリック

バイアグラの成分

バイアグラの成分

 

バイアグラはいったいどんな成分で出来ているのか気になりませんか?

 

バイアグラは何で青いのでしょう?

 

バイアグラの成分はクエン酸シルデナフィルと言います。

 

クエン酸シルデナフィルは白い粉末状のものです。

 

クエン酸シルデナフィルと聞いても何のことやらわからない方が多いと思いますが、クエン酸なら聞いたことがある方も多いと思います。

 

柑橘系の果物に入っている成分で、疲れを取ってくれたり、血行を良くする効果があります。

 

シルデナフィルは体内で、勃起を終わらせる (PDE-5) の酵素活性を阻害する効果があり、これが作用して勃起するようになると言われています。

 

シナデルフィルの効果は、狭心症の発作などの時に使用するニトログリセリンと同様の効果があり、バイアグラを服用中に心臓発作を起こして、病院で、ニトロを使用されると、急激が血圧低下が起こり、狭心になり、死亡するケースもあるため、ファイザーでは、錠剤パッケージ裏にニトログリセリン等硝酸塩系薬剤との併用が出来ないと記載をしている。

 

バイアグラには色素の青色2号が含まれています。そのため青になっているだけで、色素を変えれば何色にでもなったのです。

 
バイアグラジェネリック

ホーム RSS購読 サイトマップ