バイアグラジェネリック

バイアグラジェネリック/ED治療の個人輸入

バイアグラジェネリックの効果

 


バイアグラジェネリックの効果

 

バイアグラは元々は狭心症の薬として、1990年にアメリカで研究開発されました。

 

そのバイアグラの臨床試験をしていたのですが、あまり狭心症には効果がない事がわかり、臨床者より残った薬の回収を行ったのですが、皆返却したがらないので、理由を尋ねたところ勃起の効果があることが分かり、その後ED治療薬として、発売することになりました。

 

その後、アメリカでは「夢の薬」として話題になり、物凄い勢いで売れ、売上も最高の記録を達成するほどだった。
一方日本でも個人輸入を使いこのバイアグラを手に入れる者が増え始め日本でも話題になり始めたところ、狭心症でニトログリセリンを使用している人が、このバイアグラを使用したところ、死亡する事故が多発して、日本でも対応に奔騰して、処方箋が必要な薬として、1999年に認められました。

 

バイアグラには、25mg、50mg、100mgと3種類のタイプがアメリカでは発売されていますが、日本では、25mgと50mgのみ許可となりました。
100mgが許可されなかった理由としては、欧米人との体格の差などを考慮して、日本人には100mgは強すぎるとのことですが、本当の事情は定かではありません。

 

バイアグラ

バイアグラの服用は、空腹時、性行為の1時間ぐらい前にのんでおくのが確実です。

 

その後効果は3〜4時間程ありますので、十分性行為には使用可能です。

 

最近ではレビトラ、シアリスなどの新しいED治療薬が発売されて、効果の持続時間や即効性の面で、バイアグラよりも上を行くのですが、今でもバイアグラがいいとバイアグラファンがたくさんいます。

 

その理由は、バイアグラにしかない勃起の硬さにあります。バイアグラは、血液を送り込む力が凄く、若いときの様にパンパンに勃起させることができます。

 

また今では、100mgのバイアグラも個人輸入で簡単に手に入りますので、その勃起力の効果はダントツです。

 

他のED治療薬に比べて、効果の出方が大きいので、初めから100mgを飲むのではなく、まずは50mgで試してみてから、その様子で増量するのかを決めるといいと思います。

 

バイアグラでは、他のED治療薬では味わえない感覚を味わう事ができますが、それだけ効果が強いということは、副作用の出方も強いのでその点も考慮に入れながら、のんでいきましょう。

 

バイアグラは、偽物が多い事でも有名です。最初にではED治療薬ですので、歴史が一番長い事もあり、偽物の製造も盛んに行われています。

 

バイアグラのジェネリッやED治療薬について更に書いて行きますので参考にしてください。

 

おすすめのバイアグラとバイアグラジェネリック

 


バイアグラのジェネリック

 

バイアグラは今日本で医者から買うと、1錠1500円が相場です。1500円の出費は大きいので、個人輸入で、バイアグラとバイアグラジェネリックを購入することが一番簡単でお安い買い方になります。

 

日本では個人で使用することを条件に一定量までなら、薬を個人輸入してもいいという法律があります。
医薬品の個人輸入等に関するガイドライン

 

個人輸入でバイアグラを買うと、50mgで1000円ぐらいで、ジェネリックになると100円ぐらいで買えます。

 

バイアグラは偽物が多い事でも有名ですので、注意が必要です。
個人輸入業者には、偽物を本物だと言って堂々と販売している業者がたくさんいます。最近はセキュリティーソフトなどを使用しているとそのような業者の報告があったところは、「危険なWEBサイト」として表示されるようになってきました。
安いからと自分で見つけて、直接バイアグラを買うのは絶対に止めてください。
最悪の場合には飲み薬ですので、体を壊す危険があります。

 

安全なショップをしっかりと見極めて、間違いの無いようにしましょう。クレジット決済ができるかどうかも基準になります。

 

バイアグラと高血圧

 


バイアグラと高血圧

 

バイアグラは狭心症の薬として、作られたのですが、偶然に男性器を勃起させる事が判明して、初のED治療薬として販売されるようになりました。

 

バイアグラのが他のシアリスやレビトラに比べて、すばらしい事は勃起力の強さです。

 

勃起は性器の中の海綿体に血液が流れ込む事によっておきますので、バイアグラの血を送り込む力は相当なものです。

 

この血を送り込むパワーは性器だけに行くのではなくて、体全体に同じ作用が働きます。

 

ですので、高血圧をそのまま治療していない方が、バイアグラを飲むと、それでなくても普段から高血圧で、血管に圧力が掛かっているのに、更にバイアグラで加速がついてしまいます。

 

こうなるともう血管は我慢ができませんので、暴走し始めてしまいます。タイヤがパンクするようなもので、どこかでパンクが始まります。

 

バイアグラは他のED治療薬に比べても、そのパワーはいまだに一番強力ですので、注意が必要です。

 

血圧

血圧の事で何かの検診で引っかかった事がある人は、必ずバイアグラを飲む前に、医者で血圧のコントロールをする治療を受けてください。

 

特にバイアグラファンの方は、この血圧のコントロールは他のED治療薬よりも特に必要です。

 

強力が魅力なバイアグラですから、健康も強力にしておかないといけません。

 

しっかりとコントロールできている血圧なら、何の問題もなくバイアグラを楽しめますので、必ず健康管理をしておきましょう。

 

バイアグラはED錠の中の、暴れ馬的存在ですので、やはり暴れ馬を操れる人は強者でなくてはいけません。

 

私は25mgから始めた方ですので、なかなかこの暴れ馬を乗りこなせませんでした。(;一_一)

 

ですので、バイアグラの100mgを飲んでいるなんて聞くと、もうそれだけで尊敬してしまいます。

 

バイアグラを更に安く買う方法

 


バイアグラを更に安く買う方法

 

バイアグラは、25mg50mg100mgの3種類が発売されていますが、日本では、25mgと100mgの2つだけが許可になっています。

 

バイアグラは医者で買いますと、25mgが1300円、50mgが1500円ぐらいが相場です。

 

個人輸入で買いますと、25mgが1300円、50mgが1032円、100mgのが1064円です。

 

バイアグラの場合には、25mgを使用している方は、医者でもらっても個人輸入で購入しても全く差がありません。

 

これでは嫌になってしまいますよね。50mgや100mgの方が安いんですから。

 

それでも損はしませんので、25mgのバイアグラが体に合っているから購入している人も大勢いると思います。

 

ですが、とてもいい方法があるのです。

 

25mgの人でも50mgの人でも、100mgのバイアグラを購入すればいいだけなんです。

 

世の中には便利なものがあって、このバイアグラのピルを綺麗にカットしてくれる小道具があります。(ピルカッター)

 

これを使用すれば、綺麗にバイアグラをカットしてくれます。

 

自分ではさみや包丁でカットしようとしても絶対にうまくいきません。

 

100mgを4分の1にカットすれば、25mgのバイアグラが、1錠3百円台。

 

100mgを2分の1にカットすれば、50mgのバイアグラが、1錠6百円台。

 

どうですこれなら納得のお値段でしょう。

 

これでお終いではありません、これからが本題です。

 

バイアグラのジェネリック、カマグラの100mgが、1錠131円

 

これなら、25mgは、1錠32円。50mgは、1錠65円です。

 

これを知ってしまったら、もうバイアグラの25mgを1錠1300円で購入する気にならないと思います。

 

ピルカッターは、790円ぐらいですので、そんなにお高いものではありませんので、必需品をして次いでに買っておきましょう。

 

バイアグラを更に効果的に使用する方法

 

 

バイアグラは他のED治療薬に比べて、勃起の強さが高い事で有名で、それが好みでバイアグラを使用したがる人が沢山います。

 

他のED治療薬は、バイアグラに比べて、良い点が多いのですが、バイアグラを好んで使う人のほとんどがこの勃起の強さに惹かれています。

 

バイアグラは、ED治療薬の中では、粗悪だが強さのある暴れ馬みたいな感覚の薬です。

 

暴れ馬をうまく乗りこなせる人はやはり強人な人でないと乗りこなせません。

 

それだけの体力と、精力が備わっていて、初めてバイアグラの効果を存分に発揮することができます。

 

だからと言って、筋肉ムキムキのマッチョになれと言っているわけではありません。

 

健康でやる気スイッチの入った人でいる事が大切です。

 

普段からの体つくりを気にして、階段を使うとか、1駅前に降りて歩くなどの健康アップをすることで体力もついて、気力が出てきます。

 

体力

そんな中に、精力も備わってくるわけです。

 

日頃から食事は腹八分目で抑えて、よく睡眠をとる事を心がけましょう。
もし、今何となく精力に自信がないと思っている方は、サプリメントなどの健康維持食品を生活改善と共に使用すると、かなり効果があります。

 

サプリメントは、少し続けて飲む事で、効果が出てきますので一回飲んで効果が出るものではありません。

 

ホーム RSS購読 サイトマップ